246 / 映画「T2 トレインスポッティング」

麻薬 暴力 詐欺 売春

モラル警報も、一応、鳴ることは鳴る

でも、好き

大好き

なんでかわからない

 

20年前

ユアン・マクレガーが好きなのだと思って
出演作を観た

ダニー・ボイルが好きなのだと思って
監督作を観た

アーヴィン・ウェルシュが好きなのだと思って
原作を読んだ

サントラが好きなのだと思って
CDを聴いた

アートワークが好きなのだと思って
ポスターを貼った

どれも違った

わたしは
「トレインスポッティング」という映画
が好きなのだった

 

20年後

続編を観て、好きだった理由がわかった

それは
ただの偶然で、こじつけで、馬鹿げた妄想……

だとしても
自分にとってインパクトがあればそれでいい

ここ数年、迷っていたことの答えが

台詞と登場人物の行動ではっきり示されていた

わかりやすすぎるぐらい、わかりやすかった

びっくりしたわ、ほんま

 

20年前のわたしは
20年後のわたしにこの続編を見せるために
「トレインスポッティング」という映画
を好きになったんだと思った

それは
ただの偶然で、こじつけで、馬鹿げた妄想……

だとしても
自分にとってインパクトがあればそれでいい

 

こんなに興奮したまま
まっすぐ家に帰れるわけがない

渋谷でレイトショーの後、246を歩いて帰った

都会の夜は白くて明るかった

 

映画「トレインスポッティング」さんへ
ありがとう

T2 トレインスポッティング(R-15指定)