囃子方

ひどく暗い気持ちで夜市に出かけた

 

声は通らないが
酒も飲めないが
人が振り返るほどの大声を出して
屋台でビールなど売ってみたい

売り子さんを見て、そう思った

 

リズム感はないが
信心深くもないが
雷かと思うほどの強さをもって
櫓で太鼓など打ち鳴らしてみたい

夜神楽を見て、そう思った

 

眩しい憧れと湿った卑屈が
まったく同時にやってくる

今日はあかんかー
“ドウセマン”やなー

 

帰りかけたら夜空に飴が降った

こちらにも飴をくれ
こちらにも福をくれ

老若男女が恵比寿さんに飴をせがむ
こんな私もちゃっかり両手を伸ばす

さあ、くれ

夢中で握った手のひらを開き
飴をみつけて、すこし笑った

 

お    ま    え    も    囃    す    側    に    立    て

 

そう言われた気がしたから、もう正解

せやな、囃されたい、ばっかりやな
櫓の恵比寿さんに手をふった