ハンモック

扇風機と蝉
まぶたで蓋

助手席から見たサングラス
サングラスからはみ出した涙
三粒ぐらい財布に入れて
ひとりで降りた

「私の前で泣いたらええやん」とは(言わないが)

寝返り
きしむ

最後の背中
どんなに触れたところで
この皮膚一枚からはみ出せない

まるくなる
胎児みたく

「いつかはこの網から出ていかな」やろ(せやなあ)

那覇から58号線
窓から見た基地
基地からはみ出した血
一滴も払わずに
贅沢をして帰ってきた

足の親指
網つまむ

58号線から知らない道
ひとりで降りたさとうきび畑
さとうきび畑からはみ出した虹

風が吹いてた
風は吹いてた

蝉と扇風機
まぶたで幕、をあける